歯周病にならないための情報サイト

あなたも要注意!現代人に多い歯周病の基礎知識

>

歯周病の基礎知識を知っておこう

歯周病とは何かを知ろう

歯周病とは、歯肉の周辺が赤くなってしまったり腫れてしまったりすることが特徴である病気です。進行すると歯と歯肉の間にある溝が深くなり、歯を支える骨を溶かします。そして歯が動いてしまうようになり、結果的に歯を失ってしまいます。細菌に感染することが主な原因です。はじめは自覚症状がないまま進行してしまうので、早期に気づきにくい病気でもあります。子供から大人まで、男女共に多くの人がかかりやすい病気であり、現在は日本人の約8割が歯周病だといわれています。加齢になるにつれて歯がやせてくるので、より歯周病になる可能性が高くなってしまいます。また、免疫力の低下も歯周病にかかりやすくなる原因となっています。誰にでもなる可能性がある病気なので注意が必要です。

口内だけではない!歯周病の危険

歯周病は、口の中だけでなく全身に影響を及ぼしてしまう病気であることが近年の研究によって指摘されています。全身に影響が出てしまう原因は、歯周病菌が放出する微生物や細菌などの様々な有害物質が血流に乗って全身に流れてしまうことです。例を挙げると心臓病、動脈硬化、脳卒中、糖尿病、肺炎、肺炎、骨粗鬆症、早期低体重児出産、肥満など、多くの病気や体の不調の原因となる恐れがあります。
またその反対に、全身の病気が歯周病の原因となることもあります。糖尿病患者の人は健康な人よりも歯周病にかかるリスクが高いともいわれています。さらに遺伝性の病気、血液の病気、皮膚病、喫煙なども歯周病のリスクが高くなったり、治癒しにくくなったりする原因だといわれています。


TOPへ戻る